FC2ブログ
初夏

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by meg  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

退院しました

みなさんご心配おかけしました!
二週間という、想像以上に長い入院生活となりましたが、無事退院する事ができました。

入院中詳しい病状も書くことができずにいたのですが、
みなさまからの暖かいコメント、メールを読ませていただき本当に励まされました。
心から感謝しています。

本当はもう少し早く退院できる予定だったのですが、検査の結果がなかなか改善されず、
入院が長引いたのですが、入院生活後半はhiroもとっても元気で、
人見知りせずめちゃめちゃ愛想のいいhiroは看護師さんたちの人気者←親バカです(笑)
みんなに可愛がられ、病院での生活をすごく楽しんでいる様子でした。
まだ、血液検査の炎症反応が少し高く、今週の再検査までは外出などは控えないといけないのですが、
食欲もめちゃめちゃあり、ニコニコ顔でいたずらし放題のhiroは、
病気だったなんて信じられないぐらい、元気いっぱいです!

入院前はまだ肌寒かったのに、退院してみたらもう春の陽気になってるし。。。
hiroが問題なく外出できる頃には桜が咲く季節になってるのかな。
完全復活まであと一歩!もうしばらく安静にしていたいと思っています。

hiroの病気の事は、長くなるので↓↓で書かせていただきます。

コメントやメールのお返事が遅れていてごめんなさい。
みなさまの所に遊びに行かせていただきたいのに・・・
実は退院後、私がギックリ腰になってしまって(笑)
でももうだいぶ良くなったので、ゆっくりですが遊びに行かせていただきますね。 hiroの病気は、小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群(通称 川崎病)
という病気でした。

この病気は、4歳以下(特に6ヶ月~1歳)の男児が発症する事が多く、
数百人に一人の割合で発症する病気だそうです。
原因は未だ解明されていないのですが、治療方法はわかっている病気です。
主な6つの症状のうち、5つ当てはまればこの病気と診断されます。

1,発熱(38~40度以上の高熱が5日以上続く)
2,手足の発赤や腫れ
3,発疹
4,目の充血
5,唇や舌の発赤
6,首のリンパ節の腫れ

しかし初期の症状は風邪や突発性発疹と似ているため、
最初の受診でこの病気と診察される事はほとんどなく、数日してからの受診でわかる事がほとんどです。

後遺症として、心臓の冠動脈にコブができてしまうと、心筋梗塞や心不全が起こる可能性があるため、
それを防ぐために、川崎病と診断されると、すぐに治療を開始する必要がありますが、
治療し定期的な検診により、治癒する病気である。
感染する病気ではないので、退院後は普通に生活する事ができるとの事でした。

初めて聞く病気だったので、最初耳にした時はすごく動揺してしまいましたが、
色々調べていくうちに、ちゃんとした治療さえ受けていれば大丈夫だという事がわかり、
その後の生活も定期的な検診を除けば今までと変わりない生活が送れるという事だったので安心しました。

●発熱~入院記録●

3月1日(土)
早朝5時頃、hiroが泣いて起きたので湯冷ましを飲ませると、
いつもよりかなり多い量を飲み体か熱い。
熱を測ると38度。hiro生まれて初めての発熱。
朝一番でパパに病院に連れて行ってもらう。行く車の中ではとても元気。
病院に着いてからも元気だけど、熱を測ると38.8度。
受診の結果、ウィルス性の風邪か突発性発疹。
元気そうだし、生まれて初めての熱なら、突発の可能性が高いとの事。
坐薬×3を処方される。
パパは週末仕事で帰りがすごく遅くなるので、とりあえず私とhiroは実家に帰る。
実家に着いて少ししたらhiroがグッタリしてくる。
熱を測ったら40度超え。慌てて坐薬を入れる。
座薬を入れてしばらくすると熱が少し落ち着いたのか、離乳食を食べる。食欲はまぁまぁ。
しかし坐薬が切れてくるとグッタリ。一瞬下がった熱もまた40度を超える。
再度坐薬を使う。
夜も熱が高く苦しいのか何度か起きる。

3月2日(日)
前日と変らず、坐薬が切れると熱が40度を超える。
最後の坐薬を使い切り、救急病院へ行く。
診断結果は同じ。
前日の半分の量の坐薬を5つ処方される。
病院から帰ってきて、汗をかいていたhiroを着替えさせる時に、
BCGの跡が赤く腫れ上がっている事に気付く。
少し気になったので、受診した救急病院に電話して、担当していただいた先生と話をする。
「熱の影響だと思うけれど、解熱されずに次また病院に行く事があれば、見せた方がよいと思う。
 BCGの跡が腫れる病気で川崎病という病気があるので、熱が引かなかったら再度病院に行った方がよい」
と言われる。
でもこの時点では、きっと突発だろうな・・・と思っていたので、あまり深く考えていませんでした。
夜は1時間おきぐらいに起きる。

3月3日(月)
熱は変らず40度超。
座薬が切れるとかなりグッタリし、食欲もなくなってくる。
目の周りが赤くなって、口のまわりが荒れ始める。
今日で熱が3日目なので、突発だったら今日で熱が下がるはずと、残っている坐薬を入れ一日乗り切る。
足のふとももあたりやひざなどに発疹のような赤みが出てくる。
この時点でもまだ突発と信じていて、発疹が出てきたからきっと熱が下がるだろうと思っていました。

3月4日(火)
朝、熱が下がっておらず40度を超えているので病院へ。
診察の結果、「川崎病」の疑いがあると言われ血液検査をする事になる。
その時再び川崎病という病名を聞き、病気の簡単な説明を受け、
後遺症などはあるのですか?と質問すると、
「残念ながら、治療が遅れた場合などはまれに心臓の血管にコブができる事があります」
と言われる。
先生はその後、そうならない為に早期に治療を開始する事が必要など色々説明して下さったのですが、
不安な気持ちでいっぱいになってしまった私はその説明が全く耳に入っていなかった気がします。
そしてhiroは血液検査へ。
「そばにいる事できませんか?」
と聞いたのですが、外で待っているように言われ、一人病院の廊下で採血が終わるのを待っていました。
採血・・・今までお友達のブログなどで「泣き叫ぶ声を聞くのが辛かった」などと聞いていたので、
きっとすごく痛いんだろうな。そんな痛い思いをさせてしまって本当にごめん。
そう思う気持ちと、川崎病という初めて聞いた病名だけですごく動揺してしまい、
泣くまいと思いながらも涙を止める事ができず、パパに電話しました。
その間hiroが採血されている処置室から泣き声は聞こえず、
“準備に時間かかってるのかな・・・泣くだろうな”と想像するだけで涙があふれてくるのですが、
私が泣いてる場合じゃない。hiroはがんばってるんだ!と必死で涙をこらえてると・・・
看護師さんに抱かれたhiroが処置室から出てきました。
“あれ?採血まだしてないの?何で出てきたの??”
と思ってると、看護師さんが「hiroくん偉かったよ~!全然泣かなかった。強いね。男の子だね」
って言って下さいました。
そうなんだ・・・結構時間かかってたのに泣かなかったんだ。
何て頑張り屋さんなんだろう。我慢したんだね。
そう思いながら思いっきりhiroを抱きしめました。
そしてそれから約1時間、hiroと二人、病院の廊下で「きっと大丈夫」と思いながら待ち続けました。
そう思っていても二人で待っている時間は本当に長く感じました。
その時、仕事ですごく忙しいハズのパパが病院に駆けつけてくれたのです。
パパを見た瞬間、張りつめていた気持ちが一気に緩み、涙がボロボロこぼれてしまいました。
忙しくて、仕事を抜け出せる状況ではないにも関わらず、ものすごく心配で来てくれたのです。
それから30分ぐらいすると、血液検査の結果が出たと、診察室に呼ばれました。
検査の結果、肝臓の数値や炎症反応は上がっているが、
本来もっと上がるはずの白血球の数値などは正常範囲内。
しかし、やはり川崎病の症状が強いので、すぐに大きな病院に行って検査をする必要があると言われました。
パパは会社を出る前に、ネットで川崎病の情報を少し調べてきてくれていたので、
先生に色々質問してくれ、先生も一つ一つ丁寧に答えて下さりました。
私一人では何もわからず、しかも動揺していたので質問なんて全く思い浮かばなかった。
パパが来てくれて本当によかったと思いました。

その後すぐに紹介状を持ち一番近くの大きな病院へ行きました。
偶然にもその病院は、義祖母、hiroの曾祖母が入院中の病院でした。
坐薬も切れ、かなりグッタリしているところでたくさんの大人に押さえつけられて、
尿を取られたり、採血されたりしたhiroは、生まれてからこんなに泣いた事はないってぐらい泣きわめいていました。
検査と診察の結果、川崎病と診断される6項目のうち4項目が当てはまっていて、
極めて可能性が高いので即入院して経過を見ないといけないという事になり、入院が決定しました。
入院が決定すると、すぐに24時間点滴がつながれ、点滴したままその他の検査となりました。
まず一番心配な心臓エコーでの冠動脈瘤の検査。
これが後遺症として一番心配なものなので、検査はすごく緊張しました。
結果、冠動脈にコブはできておらず、とりあえず一安心。
それからは、その日一日、点滴に抗生物質を投与し、それが効かずに翌日まで熱が続くと川崎病と診断される言われました。
たぶん効かないだろうとわかっているのに、体の中に薬を入れられるなんて・・・本当にかわいそう。
でもそうしないと病気の確定ができないのでしょうがない。

私もhiroに付き添い、ずっと病院での生活が始まりました。
付き添い用のベッドもレンタルしたのですが、少しでも離れているのは心配でしょうがなかったので、
hiroが寝ている子供用のベッドで二人くっついて眠りました。
夜、hiroは昼間の検査で泣き疲れたのか結構寝てくれました。
でも私は点滴のアラームや、坐薬を入れてないのでどんどん上がっていくhiroの熱が気になって、全く眠れませんでした。

3月5日(水)
パパがお仕事お休みの日だったので、朝から病院に来てくれる。
抗生物質の点滴が効かず、熱がまだ40度を超えていたので「川崎病」と断定される。
そこから病気の治療が開始されるのですが、川崎病の治療には血液製剤の投与が必要なのです。
血液製剤と聞くだけで、すごく不安になってしまいました。
でも、前日夜中までパパがこの病気の事を色々調べてくれ、血液製剤の事、後遺症の事、治療方法などをちゃんと理解してくれていたので、
躊躇せずに治療に踏み切る決心ができました。
午後、血液製剤の投与開始。hiroの体に拒否反応が出ず、一安心。
その後、また採血。
今回はベッドでしてくれたのですが、途中で針がずれて、腕に針を刺した状態で何度も動かされ見ている方が痛くなりました。
それでもhiroな泣かずにがんばり、針を抜いた瞬間にちょっとだけふぇ~んと泣いただけでした。
次に腹部エコー、心電図の検査。
この検査は、赤ちゃんが泣いたり動いたりしたらできない検査なので、通常睡眠薬でウトウトさせて検査するのですが、
私が抱いた状態で検査してもらったら、hiroは動かずじっとしていてくれたので、睡眠薬を飲ませずに検査する事ができました。
飲まないといけない薬はしょうがないけど、飲まなくてもいい薬は一つでも飲むのを減らしてあげたい。
だから、検査が終わった後、じっとしていたhiroをいっぱいほめてあげました。
治療を開始してから、ほんの少し熱が下がってきて、夜中も泣く元気が出てきたのか、
その日の夜はすごくよく泣き、抱っこした状態からおろすとすごく泣いちゃいました。
あんまり泣くと同じ病室の人たちに迷惑だし、抱っこしてると安心して眠れるならと、
その日は一晩中抱っこで過ごしました。

3月6日(木)
朝になっても、泣いている時間が多く、ほとんどずっと抱っこで過ごす。
パパもお仕事なので、私の母が来てくれ、お昼hiroを抱っこしてくれたので、すごく助かりました。
血液製剤の投与二日目。
これで症状が消え解熱されると投与は終了になる。
その日特に検査はなし。
先生が入ってくると、恐いことをされると思うのか泣くようになる。
でも実際採血されたり、痛いことをするのは看護師さんなのに、なぜか看護師さんは大丈夫な様子。
入院してから、食事は離乳食(後期食)をだしてもらってたのですが、
口の中が荒れて痛いのか、食べにくかったのか全然食べなくなっていたのですが、
看護師さんに相談すると、少し味付けがしてあって、全部がペースト状になっている幼児食というものがあるので、
量は少し多くなるけど、それに変えましょうと変更して下さる。
そうすると、おかゆ60g、野菜のペースト1/2、ゼリーを完食と少し食べてくれるようになる。
ゼリーは今まで食べた事がなかったにもかかわらず、すごくおいしそうに食べてくれた。
熱が出る前は、食べるのが大好きだったhiro。
久しぶりにhiroが食べ物を欲しそうにする姿をみてすごくうれしくなりました。
熱が38度台まで下がり、少し楽になったのか少しだけ座って遊んだ。
hiroが遊ぶ姿を見るのもすごく久々な気がしました。
夜10:30頃、最後の血液製剤への点滴の交換時、点滴のアラームが鳴ってナースコールを押すと、
若い看護師の方がきてなにやらものすごく焦っている。
いつもならすぐに交換の点滴を持ってきて下さるのに、なかなか来ないのでナースステーションに行ってみると、
焦ってカルテらしきものを開きながら箱から液を取り出していました。
病室に帰って看護師が戻ってくるのをずっと待ってると、焦った様子でバタバタと戻ってきたその若い看護師の方は、
いつもならナースステーションで行われるだろう作業を、暗い病室の中焦ってしてるのですごく時間がかかっている。
その間に前の点滴は全て落ちてしまっているし、やっと交換できた新しい血液製剤は泡だらけだし・・・
その点滴は終わるまで3時間ぐらいかかるのですが、泡だらけの点滴が最後までちゃんと落ちるのかと気が気でなくて眠れませんでした。
案の定、最後に大量の泡が残ってしまい、終わったとき他の看護師の方に確認すると、
当直の先生が来て下さって、点滴の量を確認したら、体重から考えてギリギリではなく十分な量を投与してるので問題ないとの事。
小さな事だけど、その少しの量の差でhiroの回復が遅れてしまったらどうしようととても心配だったので、
問題ないと言われ、やっと眠る事ができました。

3月7日(金)
二日間の血液製剤投与がかなり効いてきたのか、熱がだいぶ下がる。
久々に37度台。
約一週間ぶりに40度の高熱から解熱したhiro夕方頃にはだいぶ元気になってきた。
病院でのご飯もだいぶ食べるようになる。
この日も採血。二回失敗されて結局取れず、処置室に連れて行かれて押さえつけられて採血されていました。
採血ではほとんど泣かないhiroも、処置室という場所が嫌なのか、押さえつけられるのが嫌なのか号泣。

3月8日~退院まで
この日から、採血は二日に一回ぐらいのペースで行われました。
その他心臓エコー、心電図の検査も随時行われました。
このエコーと心電図の検査の時は、眠っている状態じゃないと検査できないので、
本来なら睡眠薬を飲ませて検査するのですが、私はできる限り睡眠薬を飲まないで検査できるように、
事前に検査の時間を確認し、お昼寝をその時間までさせないように必死で起こし続けたので、
入院中は睡眠薬は一度も飲まずにすみました。
熱がなかなか平熱に戻らないので飲み薬も開始。
初めての粉薬なのですが、ゼリーで飲ませると問題なく飲んでくれました。
hiroは日に日に元気になってきて、ベッドの柵や窓際でつかまり立ちや伝い歩きをしては、
手に触る物全てを落としたり、勝手にナースコールを押したり・・・
やんちゃすぎてベッドの上だけでは狭すぎるようになってきました。
本来退院はもう少し早くできるハズだったのですが、血液検査の結果でなかなか炎症反応が下がらなかったり、
白血球の数が増えてしまったりと、入院が長引いてしまっていたのですが、
見た感じでは病気になったなんて思えないほど元気はhiroは、
同じ病室で喘息の為入院していた4歳の女の子とお友達になり、
朝起きた瞬間から夜寝るまで一緒に遊んでいたり、
看護師さんが大好きで、自分の所に来てくれた時はもちろん、
同じ病室の他の患者さんの所に看護師さんが来た声が聞こえると、
付き添いベッドの端まで移動し、カーテンから顔をのぞかせて「ア~ア~」と看護師さんを呼んだり・・・
でも、男の先生には最後まで慣れなかったみたいで、先生の顔を見ると固まっていました。
実際採血されたり押さえつけられたり、痛い事をするのは看護師の方の方が多いのに・・・
やっぱり女の人が好きなのね(笑)
そんな看護師さんにめちゃめちゃ愛想のいいhiroは、いつの間にか人気者になっていて←親バカ(笑)
別に用事がなくても「hiroくん~」って看護師さんが来て下さったり、
仕事が終わると「今日は帰るけどまた明日ね」ってわざわざ来てくれたり、
廊下を通るたびにhiroに手を振って下さったり。。。
そんな風に看護師さんに可愛がってもらえたhiroは、病院生活をかなり満喫してる様子でした。

でも、見た感じでは病気だったなんて思えないぐらい元気でいたずら三昧のhiroですが、
退院の日の血液検査でも、まだ完全に正常値には戻っておらず、
今週再検査。そこで問題なければ普通の生活に戻る事ができます。

完全復活まであと少しだけど、ほんとに元気なhiroに戻ってよかった。
当たり前だと思っていたhiroの笑顔が、こんなにキラキラ輝いていたんだと改めて感じました。

この先、定期的な検診があったり、半年は予防接種が受けられなかったりと、
まだまだ病気とつきあっていかないといけないのですが、それ以外は普通に生活できる。
普通の生活できる事ができるというのは、本当にすばらしい事なのですね。
これからも色々あると思いますが、一つ一つ乗り越えていこう。そう思いました。

かなり長い、そしてまとまりのない文章になってしまいましたが、
最後まで読んで下さり、ありがとうございました。
やはり子供は健康が一番だな・・・と思うのですが、この経験で家族の絆ができた気がします。
入院中にもたくさんhiroの成長が見られ、他にも色々書きたいことがたまっています。
あと少しの間は、hiroの体調と、私の腰と(笑)相談しながらゆっくりペースで更新していきます!

みなさん、本当にご心配おかけしました。
そしてありがとうございました!
スポンサーサイト
by meg  at 15:20 |  ヒロ生後10ヶ月 |  comment (15)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

おかえり!

hiroくん退院おめでとう!
きちんと克明に記録してたんだね・・・.
megちゃんの不安な気持ち,優しさが伝わる記事だったよ.
涙ながらに読ませてもらいました.
子どもの笑顔が普通に見られることが幸せなんだよね.
ハードルを乗り越えて,また家族の絆は強くなるんだと思います.
ちょっと過酷な試練だったけど神様に与えられたものだったのかもしれないね.
私も日々健康でいることに感謝しようと思ったよ.
家に帰って来てhiroくんもきっと安心していることでしょう.
ゆっくり家族で過ごしてね.
あ,megちゃんも腰大事にね!!!
by まめのき 2008/03/23 20:21  URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by  2008/03/23 22:15   [ 編集 ]

ごぶさたしてます。
しばらく忙しくて全然ネットを見てませんでした。
hiroくんが入院してたなんて、ビックリしちゃいました!

hiroくん、川崎病になっちゃったんですね(>ω<、)
ぼーが去年の夏、肺炎で入院したとき
ちょうど隣のベッドの赤ちゃんも川崎病だったのを思い出しました。
その子も元気だったけど、確か血液検査の結果が悪くて入院が延びてました。
あと、megさんと同じように検査のためなのか
必死に寝かせないようにしてましたよ。

入院生活はすごくすごく大変だったと思います。
hiroくんはもちろんですが
megさんも本当にお疲れ様でした。
体、ゆっくり休めてくださいね。
hiroくんの再検査、いい結果が出ますように☆
by めみ 2008/03/23 22:50  URL [ 編集 ]

退院おめでとうございます!!
いろいろと大変でしたね・・・。
入院生活、とてもお疲れだったと思います(>_<)
私もmegさんの記事読んでウルウルしてしまいました。。。
そして、小さな体で頑張ってるhiroくん偉い!!
普通に生活できることがありがたいことっていうのは、私もあいたんが1日だけ入院したときに思いました。
何かがないと、中々気付けないんですよね(^_^.)
再検査の結果、問題ないといいですね!!!
家族の絆が出来たことは素晴らしい(*´∇`)ノ♪
病院で人気者になっているhiroくんを想像してしまいましたe-420
megさんのぎっくり腰も早く良くなりますように☆
by pokko☆ 2008/03/23 22:56  URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by  2008/03/23 23:14   [ 編集 ]

退院おめでとうございます^^

megさん、hiroくん、退院おめでとう!
無事に治療が終わって、家に戻れたこと、本当に良かったね。
2週間という長丁場、前半の熱にうかせされたhiroくんの様子や
治療の大変さ、megさんの不安、人事と思えず読ませてもらいました。

川崎病、私もむすめの入院のときに調べたことがあります。
うちは違ったのですが、megさん達、本当に本当に大変でしたね。
hiroくんの看病をしながらも心は不安や心配でいっぱいだったでしょうし、
治療がスタートしてからもはじめてのことだらけで、
その中で精一杯hiroくんにできることをされたのだなぁって・・・・
胸が熱くなる思いでした。

子供って健康に育ってきたことが当たり前のように思ってしまってたんだなぁって
大きな病気をすると思いますよね。本当はちいさな体でまだ未発達な器官で
せいいっぱい頑張って生きていて、だから親が守ってあげなくちゃ
生活も食べるものも環境も、全てに気をつけてあがなくちゃいけないんだって、
私もむすめの入院で考え直すことができて、今では良かったなぁって思うんです。
もちろん目の前に元気なむすめがいるから思えることだとは思うんですけれど。

hiroくんももう元気いっぱいな様子で、本当に良かった!
後遺症の心配はひとまずなくて、大丈夫なのですよね。
これからも定期健診が続くとのこと、きっと元気にクリアしていけますよね。
megさんは、まだまだ疲れもとれてないでしょう?
長く留守をしていたら家の中も・・・・荒れますしね(笑)腰も、お大事にね^^
by ゆらゆら 2008/03/23 23:19  URL [ 編集 ]

退院おめでとう。
hiroくん元気になってホントよかった~♪
一日一日の経過がきちんと記されていてエライ!!
私が想像する以上に大変だったと思うけど、
この経験は今後に生かされていくと思うよ。
megちゃんも今はゆっくり休んでくださいね。
腰お大事に~。
レスは気にしなくていいよ。
hiroくんも元気な顔がupされるのを楽しみにまってるよ♪
by るる 2008/03/24 01:56  URL [ 編集 ]

おかえりなさい!

megちゃん、hiroくん退院おめでとうございます☆hiroくん本当によく頑張ったね!そして、megちゃん、パパさんも。読んでいてホントうるうる来てしまいました。
健康でいてくれることの大切さ。当たり前だと思っていることを当たり前だと思ってはいけないんだなぁとつくづく感じました。
megちゃんやパパさんの、hiroくんに対する深い愛情が伝わって来ましたよ(*^_^*) 頼りになるパパさんがいてくれてよかったね!
まだまだ気が抜けない日々が続くのかもしれないですが、hiroくんも住み慣れたお家に帰って来てホッとしていることだろうし、お家だと思い切り遊べるし、普段通りの生活に戻れる日も近いんじゃないかなって思ってます。
megちゃんもぎっくり腰!どうぞ無理せず、お大事にして下さいね。
ブログもボチボチで!落ち着いたら、いつものhiroくんスマイルを見せて下さいね!
by みわ 2008/03/24 11:38  URL [ 編集 ]

hiroクン、退院おめでとう!
ああ、川崎病だったんですね・・・見落としていました。
早期発見できて本当によかったです。
これからまだしばらくは通院を余儀なくされると思いますが、
無理なさらないでくださいね。

megサンもつきそいで本当に疲れたことでしょう。
どうかゆっくり休んで、おうちでhiroクンとのんびり
過ごしてくださいね。
ギックリ腰・・・ワタシも娘妊娠中になりました。
歩くのもままならないですよね・・・。

本当に、本当にお疲れ様でした。
そして元気になって本当に良かった!
by *mik* 2008/03/24 11:42  URL [ 編集 ]

退院おめでとう。

hiroくん、退院おめでとう。長い高熱、沢山の検査、良く頑張りましたね。
megさんもhiroくんパパも本当にお疲れさまでした。
hiroくんはママがずっと一緒、パパもいつもかけつけてくれて
おばあちゃまもいて、心強かったと思います。

長い入院だったのでとても心配していました。
ガクに毎日「hiroくん、どうしたかなぁ。元気になったかなぁ。」
って話しかけていました。

本当に健康でいられることの有難みが
良く分かりますよね。
何よりも健康が大切なのだと、失いそうになって、
気付きますよね。

これからも、毎日かわいいhiroくんの笑顔が見られますように、
元気な元気なhiroくんでいられますように。

megさんも充分にご自愛下さい。
思っている以上に、ミソジちゃんになってからの無理はききません。
hiroくんへの愛情は全力で、あとはボチボチ手を抜きつつ。
ゆっくり休んで下さいね。


by oheso 2008/03/24 13:44  URL [ 編集 ]

退院、おめでとうございます♪
でも、色々と大変だったんですね。
うちのトラも何回か採血しているので、
採血の間に待っている辛さがわかります。
せめて側にいさせてって思いながら待っている、あの辛さ。
それが入院中何回もとなると、辛いですよね。

トラもよく風邪をひいたりして、結構な頻度で病院に通ってますが、
そのたびに健康が一番だなぁって感じます。
hiro君、次の再検査でよくなっていますように。
megさんの腰も早くよくなるといいですね。
by たまる☆ 2008/03/24 21:57  URL [ 編集 ]

お疲れ様でした~(><)

ようやくの退院の知らせ、安堵のため息です(^.^)
一安心ですねv-10
まだまだ大変かとは思いますが、ゆっくりしてください。
megさんの体調も完治しますように。。。
by あやっぺ 2008/03/25 00:21  URL [ 編集 ]

初めてお邪魔します!

hiroくん退院おめでとうございます!お(・∀・)め(・∀・)で(・∀・)と(・∀・)う!
私はまだ子供がいないんですが、初病気はなんだかパニクってしまいそうですよね・・・
入院なんて、ママは何かと大変だったんでしょう・・・・・・・・・
お疲れ様でした(´・∀・)っ.゚+。★

まだママとして!っというコメントもできませんが、子供が欲しい
今日この頃なので、色々参考にさせてください。
またお邪魔します!
by どらっこ 2008/03/26 16:40  URL [ 編集 ]

オメオメ━━━(ノ>ω<)ノ :。・:*:・゚'★,。・:*:♪・゚'☆━━━!!

megさん、hiroくん、旦那さまおめでとうございます!!!
久しぶりの家族団らんいかがでしたか??
大好きな息子と離れなきゃいけない辛さ・・・megさんよくがんばりましたね・*:.。. (ノ´ω`・。)・*:.。.

これからはずぅぅと一緒ですねぅん!!“((o(・Д・o*)コクリ
by himecyan 2008/03/27 07:52  URL [ 編集 ]

たくさんのコメントありがとうございます!
みなさんがすごく心配して下さり、hiroの退院を喜んでくださり、
読んでいて涙が出そうになりました。
家に帰ってきてやんちゃすぎるhiroに振り回される毎日ですが・・・
そんな毎日がすごく楽しく幸せです!!

☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

まめのきさん

ただいまです!!
こうやって普通に生活できる事、ブログを書いたりみんなの所に遊びに行ったりできる事、
今まで当たり前だったことが当たり前じゃなくなってみて、
改めて普通が一番幸せなんだな~って思いました。
今回は大きな病気だったので、こまかく記録していました。
後に読み返してみて、hiroががんばった証拠になるのでつけててよかったです!


☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

鍵コメさん

コメントありがとうございます!
鍵コメさんのようなお仕事をされていらっしゃる方からのコメント、
すごくうれしく思いました!
もしよかったらこれからもまた遊びに来て下さいね。


☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

めみさん

ぼーくんの入院経験、めみさんが付き添っていた時の気持ち、
実際に入院してみてさらにわかる気がします。
川崎病、私は初めて聞いたのですが、
周りに話をしていると、私の友人のご兄弟、主人や妹の知り合いのお子さん、
他にもなっている子が多くてびっくりしました!
最近また増えているという事も聞きました。
再検査もきっと大丈夫と信じています。
これからもきっと病気や怪我が色々あると思うし、
一つ一つ乗り越えていかないといけませんね・・・


☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

pokko☆さん

たとえ一日でも子供が入院するのは不安ですよね・・・
でもそのような経験が、後に子供との絆にもなっていくのかなと思えます。
今回hiroは本当によくがんばりました。
40度の高熱が出続けるなんて・・・大人でも辛すぎですよね><
そしてそれに耐え抜き乗り越えた分、また強くなってくれたんじゃないかな?
なんて思っています!


☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

鍵コメさん

ありがとうございます!
ご自身の乗り越えられた経験を書いていただき、みんながんばってるんだ・・・
と勇気をもらいました。
お子さんの入院、すごく小さい頃だったのですごく心配だったと思います。
その分、今の元気な姿を見れるのが余計うれしく感じられますよね!
お互い何もなく治って本当によかった・・・


☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

ゆらゆらさん

ありがとうございます!
そうですよね・・・同じように入院生活の経験で、
今元気に笑ってくれている事の素晴らしさというのを余計感じられますよね。
原因不明の発熱、ゆらゆらさんもさぞご心配だったと思います。
今になって、あの時以上にゆらゆらさんおお気持ちがわかった気がします。

本当に元気になってよかった。。。
でもこれからも何が起こるかわからない。
今回の事があるから、次に発熱した時また何かあったら・・・という気持ちになってしまって怖い。
私も同じくそう感じてしまいます。
でも、一つ一つ乗り越えていって、成長していくのですものね。
小さな体で頑張っている子供とちゃんと向き合い、守っていかないとな・・・と思いました。


☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

るるさん

ありがとうございます!
最初の数日は、本当に一日一日が戦いでした。
もう不安で不安でしょうがなかったのですが、
後半になるとhiroも元気で私も安心しているのか、
記録もすっごい適当だったりします(笑)
またhiroの笑顔の写真お届けしますね~!


☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

みわさん

普通の生活に戻って大丈夫のお許しが出たので、
今日早速外をお散歩してきました!
hiroも久々に風に当たってつかれたのか、
お昼ご飯も食べずに爆睡中・・・(笑)
ほんと暖かくなったので、お出かけしたいところがいっぱいです♪
帰ってきたら、hiroの行動範囲がめっちゃ広がっててびっくりしました!
また成長記録も書かなきゃですね^^;


☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

*mik*さん

*mik*さんもギックリ腰経験者ですか!!
お腹に力を入れないように気にしてたから余計なのかな・・^^;
でもそんなに酷くなかったので早く治ったみたいです!

川崎病・・・実際hiroがなってみて、周りにも同じ病気になった事がある子がたくさんいてびっくりしました!
病院でも全然めずらしい病気じゃないみたいだったし・・・
子供の病気、色々あるのでもっと知っとかなきゃだめですね~><


☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

ohesoさん

ありがとうございます!
ガクちゃんも心配してくれてたのですね(泣)
おかげさまで、hiroも私も元気になりました!
hiroは入院中、たくさんの人に囲まれていたので、
退院後しばらくは私が部屋にいても、誰かが出ていったらふぇ~んとウソ泣きして(笑)
めっちゃ甘えん坊になっていました!
もう普通の生活に慣れたみたいですが・・・^^;
ohesoさんのアドバイス通り、愛情は全力で、あとはかなり手抜きでがんばります!
旦那におこられそう(笑)


☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

たまる☆さん

採血は本当にかわいそうですよね・・・
でも傍にいたら泣かなかったりするので、一緒にいさせてよ!って思うのですが、
看護師さんによっては絶対外で待ってて下さいって言われました。
私もこないだ久々に採血したら、
針を刺す時、大人でも痛いのにhiroはすごく痛かっただろうな~
すごくがんばったな・・・と思いました。


☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

あやっぺさん

ありがとうございます!
hiroは元気すぎて、家の中でも行動範囲がものすごく広がり大変ですが、
そんなhiroに振り回される喜びをすごく感じます。


☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

どらっこさん

はじめまして!!
コメントありがとうございます!
発熱した時は意外と落ち着いていたのですが、
熱が下がらなかった時は本当に動揺しちゃいました。
育児は日々勉強ですね!!

ぜひぜひ、また遊びに来て下さい!
私も行かせてもらいますね♪


☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

himecyanさん

ありがとうございます!
久々の家族団らん、hiroのやんちゃさに振り回されまくりでした(笑)
でもそのやんちゃすぎるぐらい元気なhiroを見てすごく嬉しく思います♪


by meg 2008/03/28 13:56  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

meg

Author:meg
大阪生まれの大阪育ち
年子の兄妹育児に奮闘中。

更新はスローペースですが、
どうぞよろしくお願いします☆

Family:パパ
    hiro*2007年5月13日誕生

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
いくつになったの

いくつになったの
メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

すくすく成長中

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。